JIT本社力養成スクールは 中小企業の「モノとカネの流れ10倍速」のお手伝いをします。

.

SCCC改善教材集        

ポスト・コロナ 「流れ創り対応」の「新しい資本主義」

 

 <官民連携 カネの流れ10倍速作戦>





   

















































<解説>官民連携作戦とは
  BtoGの第1段階は、年1回のPDCAサイクルで運営される官公庁の各省公共工
 事の民間企業の受取債権受取りサイトは、100日を越えるスローな「盆暮れ
 払い」である。この受取りサイトの現状を、先ずは60日以内に短縮する
  BtoBの第2段階は、既に2016年に中小企業庁から示された「将来的には検収
 後60日以内払いとするように努める」とされた指針の達成で、コロナ禍で寸断
 されたBtoBサプライチエーンのV字回復を目指す。
  その上で、
IoT・Fintech、DX、AI技術を駆使してさらに、月次⇒週次⇒翌日払い
 ⇒最終的には「瞬間払い」にまで短縮する「世界水準のSCCC短縮競争」
がある。


 キャッシュレスやペーパーレスは、“BtoC”に過ぎない。BtoB間のカネや情報が停滞する
「待ち時間のゼロ化」を目指す”BtoB”生産性こそ、デジタル化(digitalization) の条件である

 


 ----------------------------------------------------------------------------------

 流れ創り(JITT経営)超短期導入成功の三条件とは 
    「一発で分かる、分かるとできる!」"生産性の奇跡"



 
T初期状態





U 
奇跡の鍵: 「生産性」の定義が実は不明瞭! ⇒ 再定義

 
⇒突破口はモノの待ち時間を「生産性向上」の重大要素とみる「本社力」



































  

 -------------------------------------------------------------------
SSMT <スマート資本市場:英文解説>      
"Linkage of ROE and SCCCClarifies  the real Capability of  Management    (「ROEとSCCC」 の連携で、実際の経営能力が明かとなる)
   米国2社を含む6社の財務分析例
     ROE指標の問題点と、21世紀の経済学、会計学、DX・AIの課題

  

  

 



tsunaguit.htmlへのリンク